あの味が復活!!

 22, 2014 11:23
私が小さい時に、よく飲んでいた「オーム牛乳」
別に牛乳が好きだったわけではありませんが、私のお気に入りは「りんご牛乳」です。
オーム牛乳

大牟田市やその近郊で愛飲されていた「オームリンゴ」
2011年くらいの年末、その歴史に幕が下ろされてしまいました。
しかし、惜しまれて生産を終えた商品。
復活させたいとの理由で、製造元へりんご味の乳飲料を造りたいと打診があったそうです。
それを復活させたのが、「らくのう」さんだったのです。

みなさん、飲んだ事ありますか??
私は小さい時から飲んでいたので、てっきり全国的な飲み物だとばかり思っておりました。
実際は、極々狭い範囲でしか飲まれていなかったみたいです。
現在のパッケージはこれです。
DCIM1346.jpg

友達に聞いて、販売されているスーパーに連れて行ってもらい、早速娘へのお土産に。

興味がある方、8月に帰郷しますので、買ってきますヨ!
1本如何ですか??
フローラルで試飲会でも・・・・・。

↓ペナントレース後半戦!
↓「ポチッ!」としてたら、渚くんがヤクルトをがぶ飲み!
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

はっきりしない天気です。

 11, 2014 15:08
梅雨に入って、まとまった雨は降っておりませんが、しとしと、しょぼしょぼ、となんとなく降るって感じの雨模様の毎日です。
洗濯ものが乾かない、湿気の多い日々です。
私は雨にも負けず、毎日自転車通勤です。
湿気が多いので、じと~っと汗が噴き出してきて、会社に着いた頃には、ベロベロ状態。

さすがに、加齢臭プラス汗の匂いで、誰も寄り付こうとしません。
自分でもイヤになるくらい。

だからと言う事も無く、今日の昼食はラーメンにしました。
自転車を漕いで、博多区大博町まで。
通勤途中に毎日見ているラーメン屋さんに、一度行ってみたかったのです。
その名は「麺屋 黒船」
私の好きなラーメンは、塩ラーメンです。
このラーメン屋さんには、味噌ラーメン、醤油ラーメン、それに塩ラーメンが揃っております。
もちろん、塩ラーメンを早速注文。
最初に食券を買わなければいけません。
胸のポケットから、なけなしの5千円札を取り出して・・・・・
5千円札が使えません!
すかさず店内のチョットふくよかなぽっちゃりお姉さまに両替を。
凄く愛想がいい、お姉さまでした。
千円札5枚を受け取り、券売機に入れようとした瞬間に、思わずビックリ!
お札を入れる横に券種のイラストが。
なんと、千円札と2千円札のイラストです。
「どうして、2千円札が使えて5千円札がダメなの??」
っと、心でつぶやいてしまいました。
落ち着いたところで、塩ラーメンのボタン。

待つこと暫し。
こんな感じです。(ネットページの貼り付け)
CCCDB2B0B9F5C1A5A1A1B1F6CCCDA3B1.jpg

麺はチョット太めのチョット平麺
私好みの塩加減。美味しい!
塩味が強くて、はっきりした味です。

私の会社から自転車で約8分。
また来ようっと!
次は醤油ラーメンだ!!

ちなみに店構え
黒船ラーメン

↓今日は「ノー残業デー!」
↓タイムカード「ポチッ!」として、野球観戦!
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

最近のお気に入り!

 23, 2014 14:44
その昔、日本銀行真向いの歩道に、「カプリ」と言う屋台がありました。
今は有りません!!
その屋台のお兄さんが、あちらこちらのお店を転々として、今では立派?なお店の雇われ?のオーナーシェフ?です。
天神からチョット離れてはいますが、行ってみる価値はあります。
本場のイタリアだかスペインだかでちゃんと修行をしただけあって、味は本物です。
川端商店街のアーケードをお櫛田さん方面に歩いて、最初の通りを左折。
冷泉公園までは行きませんが、目の前に川端高速駐車場と言うデカイ駐車場があります。
隣にはお弁当屋さんがあり、その右横の階段を上った突き当りです。
入口にはこんな看板が有りますので、直ぐに解るかと思います。
DCIM1201.jpg

店内はこんな感じです。
DCIM1203.jpg
チョットだけポーズを付けているのは、オーナーシェフの「キリー」さんです。

飲物は、生ビールから、ワイン、ウィスキー、焼酎各種です。
焼酎は麦焼酎以外は、多分あると思います。
私のお勧めは、生地から造るピザです。
大きさは約25センチくらいで、料金は900円。
みんなでワイワイ食べるには丁度いいくらいの大きさです。
彼と、彼女とで二人だけならハーフサイズもオーダーできます(450円)。
意外とこちらのリクエストに応えてくれる、グダグダ感満載のオーナーです。
かなりのダジャレ好きにはチョット引きますが・・・。
DCIM1205.jpg

オープン時間は、18:00から03:00くらいまでの超アバウト状態です。
事前に予約を入れれば、休みだろうが、朝からだろうが、開けてくれるかも!

最近チョクチョク行っていますが、このグダグダ感を味わいに行ってみて下さい。
ちなみの昨日食べたのは・・・
DCIM1208.jpg
アンチョビのピザ

DCIM1212.jpg
チーズたっぷりのパスタ。

ちなみに、2時間飲み放題のコース料理付きで3,500円です。
店内には20名は座れますので、ちょっとした飲み会には持って来いではないでしょうか!!

お店の名前であるカプリ(イタリア語: Capri)は、イタリア共和国カンパニア州ナポリ県にある、人口約6800人の基礎自治体(コムーネ)。
ナポリ湾にある観光地として知られる島「カプリ島」にあるコムーネ(共同体)の一つです。

是非、お出掛け下さい!

↓私、不覚にも風邪をひいちゃいました!
↓「ポチッ!」っと!したら、治るかなぁ・・・。
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

佐賀の日本酒「鍋島」

 12, 2012 13:58
佐賀の逸品担当「kazu」です。

先日、呑んだ日本酒がことのほかおいしかったので、これは「逸品欄」へ掲載しなければと思い、筆いえマウスを手に取った次第です。

佐賀県西側の鹿島市にある小さな酒造元から発売されています「鍋島」。
あっ「鍋島」という言葉を知らないごくごく少数派日本人へ説明しますと、現在の佐賀県は以前、佐賀藩を筆頭にいくつかの藩に分かれていました。それらの藩の藩主は全て鍋島氏で、これらの藩をまとめて俗称「鍋島藩」と呼びます。

この酒造元から「鍋島」が発売されて7年。初年度は入賞に終わったものの、次年度より6年連続「全国新酒鑑評会金賞」を受賞しています。International Wine ChallengeのSAKE部門でも最優秀賞を受賞。ということは世界1?知合いにも「鍋島」は旨い!と聞き、早速購入してみました。

できれば、金賞受賞の「純米 大吟醸」を呑みたかったのですが、高価な上に、どこにも売ってません。
daiginnjou9.jpg

そこで、値段もお手ごろな「特別純米」を購入。
tokubetujunnmai.jpg

キンキンし冷やして呑むのが大好きな私ですが、あいにくと一升瓶が入る冷蔵庫がなく、一杯分をグラスに注ぎ冷蔵庫へ半分をグラスへ注ぎ冷凍庫で冷やすことに・・・しました。
つまみには、いつものパスタ。こころもち和風にすることに・・・

日本酒にパスタ?合うの~?

結果、合うんですこれが、日本酒なのに甘さがなくって、フルーティで、とにかう ま い !
グラス一杯分(一合以上軽く入る)をすぐに飲み干してしまい、次は冷凍庫の凍ったお酒。常温のお酒を注いで呑むことに・・・
最後までキンキンに冷えていて、言うことなし。

このお酒を勧めてくれた友人曰く「ぬるカンが一番おいしい」。
次は、ぬるカンで挑戦してみます。

酒造元はこちら
今回の購入先はこちら


このお酒を一緒に呑もうとお誘いしていた方々・・申し訳ございません。
こちらをお借りしてお詫び申し上げます。

ちょっと前から、密かに人気の「怒怒鶏」の紹介です。
これは「どどどり」と読みます。たまーに間違って「どどどどり」と言ってしまうこともありますが、「ど」は3回だけ発音するのが正解です。

364693_detailImage1.jpg

甘くって、辛くって、冷たくって、硬くって・・まさに、これぞ「唐揚げ」という商品なのです。
やはり「唐揚げ」は、冷えてなければ美味しくありませんよね。

唐揚げがあまり好きではない私もこれは、いくらでも食べることができます(うそです、いくらでもは食べれません限度があります)。

本日は、ドームでホークスVS西武観戦予定。
ビールのお供に一つ買っていこうと思い立ち、近くのサンクスへ行ってきました。

冷凍庫ケースには、箱が沢山積んであって、その前に小さな付箋紙で「人気商品につき品切れです」の文字・・・・・あの~、もう少し大きく書くか、空箱を冷凍庫に入れないでください。なんか、ややこしいです。

ちなみに福岡市内でこの商品が入手できる場所は以下の通りです。
 山陽新幹線の中
 笹丘のダイエー
 天神のサンクス
 天神のレガネット
 博多駅のマイング
 西区にあるマリナタウン
 福岡空港 国内線2F
 インターネットが出きる場所
 FAXが送れる場所
 電話がかけられる場所
 福岡市南区の老司小学校前


ともかく、ビールと一緒に食べても、ワインと一緒に食べても、焼酎と一緒に食べても、日本酒と一緒に食べても、何にでもあうこと間違いありません。
でも、ごはんとだけは一緒には食べれません。

努努(ゆめゆめ)、疑うことなかれ・・・・


(記事:Kazu)
注意:文章中に一部、誤りがある場合がございます。

博多の朝食の定番は

 05, 2011 12:06
これから、夏本番を迎えますが、博多の夏の食べ物と言えば「おきゅうと」があげられます。
「おきうと」とも表記しますが、これは福岡市だけで食べられている食物なんです。

福岡市を少し離れてみると、誰も食べていないという、超レアな朝食定番メニューです。

皆さんは見た事ありますか?

image001.jpg

「おきゅうと」と言われても「は?なにそれ?」と思う方が圧倒的だと思います。
福岡県のごく一部の一般家庭でのおかずとして、また、たまに居酒屋メニューとしても普通に食べているものなのですが、他府県にいくとまったく知られていません。

多分誰も知りません。

エゴノリという海藻から作られるトコロテンに似た味わい・食感です。
エゴノリは日本海側に生育していて、福岡県含めて七県で食用にされているみたいですが、おきゅうとのような食べ方はやはり福岡だけだそうです。

さて、肝心の味ですが、当然磯の香り・海苔の風味が強いです。
他府県の人間にとっては格別な味とは言い難いところがあります。

名前の由来は、飢饉の際に簡単で大量に作られ多くの人を救ったから「救人」、沖からやってきた漁師が作り方を伝授したから「沖人」などなど諸説があります。
でも、本当のところははっきりとはしていないみたいです。

皆さんも一度食べてみて下さい。近くのスーパーにあります。
「サニー」とか「マルキョウ」とか、「食鮮館」とか。
「トライアル」にも当然あります。


ちなみに、私は昔、おきうとの配送をしておりました。
(南里商店のおきうとは美味しいですヨ)

でも・・・未だに食べた事がありません!

↓ポチッと押してくれたら嬉しいです
人気ブログランキングへFC2ブログランキングにほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
九州は全国でもとても有名な焼酎が沢山あります。
近年良く飲まれるのは「いも焼酎」ですよね。以前は「さつま白波」という、それはそれは芋臭い焼酎がありましたが、最近は若い女性にも好まれる味になった「いも焼酎」です。

みなさんは、焼酎の種類がどのくらいあるかご存知ですか?
全国を見渡すと、数えきれないほどの種類ではないかと思います。

変わったところでは

「ごぼう焼酎」
ごぼう焼酎 

「しそ焼酎」
しそ焼酎

「じゃがいも焼酎」
じゃがたらお春

「トマト焼酎」
トマト焼酎 ルビーの雫

「ねぎ焼酎」
ねぎ焼酎 ねぎぼうず

「わさび焼酎」
わさび焼酎

「牛乳焼酎」
牛乳焼酎 牧場の夢

「人参焼酎」
人参焼酎(珍)

一度は飲んでみたいものですが、味は解りませんね、私には。



↓ポチッと押してくれたら嬉しいです
人気ブログランキングへFC2ブログランキング