FC2ブログ

3勝1敗!

 30, 2014 10:11
いやぁ~、興奮しました!!!

昨日は、たまぁに行くイタリアン・バルのチョット大きめの画面で観戦しました。
2対2の硬直が続く、ハラハラな試合。
ほかのテーブルで飲んでいらっしゃったグループが、超おもしろい方々で、輪をかけて盛り上がってしまいました。
先発の中田さんがフォアボール乱発で、一時はどうなる事かと。
一緒に観ていたKAZUはと言うと、珍しく前向きな評価をしながら、じっと戦況を見つめているのに驚き。

ここまで来たら、もう優勝しかないでしょう!
タイガースファンには申し訳ないですが、29年ぶりの優勝は有りませんヨ!
中4日の今日の先発のメッセンジャーさんが、イマイチピリッとしないはずです。
今日も何処かで真剣に応援して、美味しいお酒に酔いたいと思います。

でも・・・・、
何処で観ようかな・・・・。

↓さぁ、ヤフオク最終戦!
↓「ぽちっと!」今日で決めましょう!
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

何処かで観た風景

 29, 2014 17:42
毎日毎日、懲りずに自転車通勤。
朝は約50分。
夜は約1時間は掛かる道のりです。
最近は、国道の工事がいたる所で行われているので、とても走りにくい状況です。

昨日、何気に信号待ちをしている時に、ふと空を見上げました。
段々冬に近づいて、夜の空の星が綺麗に見えてくる時期です。
と、その時「何処かで見た風景だなぁ?」
夜にならないと気付かないものでした。
私のスマホの性能があまり宜しくないので、かなりにじんだ写真ですが、これです。
DCIM1462.jpg

赤い十字架。
それもかなり目立つ電飾系の十字架です。
皆さんもどこかで見たことは有りませんか??
写真では、にじんでいるので何て書いてあるか解らないのですが、左の十字架の2面に文字が書かれてありました。
左は「福岡教会」と。
その右側には「??????」。
そうです。ハングル文字なんです。
「ここは何処?」状態。
韓国のソウルでは、この手の十字架が数えきれない数で立てられています。

福岡の地で、これを見るとは思いもよらず、思わず写真をパチリ!
今日は焼肉にするかっ!!

↓みんなの力で「世界平和」
↓「ぽちっと!」みんなで地球を守りましょう!
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

大した事ない、疑問。

 29, 2014 16:50
トイレに書かれている案内。
「このトイレは、処理水を使用しています」
節水意識が他の自治体よりかなり高い福岡市。
当然、こんな対策は必要かと思います。

しか~し・・・。
「このトイレは、人がいない時に水が流れる事が有ります」
これはどうヨ!!
節水が云々ではなく、人が居ないのにその流れている水を見る人は居るんでしょうか?
そこに居ないのに、流れる様は見れません!
人が居ないのに、水が流れて、誰かがそれを気にするんでしょうか?

これは、節水に対する言い訳??
っと思う今日この頃デス!

↓限りある資源
↓「ぽちっと!」みんなで地球を守りましょう!
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

昔の友人に逢ったりして

 29, 2014 15:41
私は今まで、福岡以外に、サッポロ、オオサカに転勤になったりしました。
その各地で、色んな人に出逢い、いろいろ助けてもらい、今、ここにおります。
新千歳空港、関西空港と、新しく空港が出来る毎に転勤させられてきました。
もう、随分昔の話です。
去年の12月、サッポロで一番お世話になった女性を忘年会に呼んで、昔を懐かしく思い返す事が出来ました。
今頃はどうしてるのかなぁ・・・・っと
もう、サッポロは冬支度の時期でしょう。
そんなに長いこと居たわけではありませんが、あのころの事を思うと、たまにはサッポロに帰りたい気分でイッパイになります。
そして、つい最近、今度は関西空港で一緒に働いていた女性と逢う事が出来ました。
ツラいツラい、毎日を過ごした大阪、関西空港。
そんな中、ツラい事がある度にお酒に付き合ってもらった人です。
もう、何十年振りなんでしょう?
最初はLINEの友だちに飛び込んできたので、もしかしたら?
と言う気持ちでトーク。

天神で待ち合わせて、屋台で飲むことに。
待ち合わせの場所。
それらしい女性が見当たりません。
8分ほど待っていると「もしかしたら・・・・・」と
声を掛けてくる女性が。
「えっ??」
そうです。その人だったのです。
でも・・・、そのあまりの変わり様は尋常ではありませんでした。
思い描いていたのは20年くらい前の、その姿です。
関西空港で働いていたのは、私が36歳くらいの時期。
その女性が27歳くらいの時。

簡単な挨拶を交わし、屋台へ。
屋台「舜」で、再会を祝ってビールで乾杯。
色々話していくうちに、その人は病気療養中との事。
薬の副作用で、以前の姿は無く、まるで別人の様。
家族との死別や色んなストレスからくる病。
そんな彼女を見ていたら、何だか愛おしくなってしまいました。
少しでもリラックスした状態で過ごさせたい、と思い、フローラルにも、カプリにも。

色々話していくうちに、段々昔の調子になり、ツライ仕事の話に華が咲きました。
今の友だちはもちろん、昔、まだ若かったころの友だち。
ユミ、サユリ、チエ、ミキ、かぁ姉ちゃん、岩見沢のゾウさん。
みんな、みんな、元気にしてますか??
私はこんなに老けて、すっかりおじさんになりました!
街ですれ違っても、誰にも気づかれない事でしょう!

多分、このブログを見ているとは思えませんが、もし何処かで、出会いがしら的に目にする事があったら、メッセージを下さい。

↓そういえば、「かおっちゃん 元気ね」
↓「ぽちっと!」今度の連休は里帰り!
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

2勝1敗!

 29, 2014 14:41
ホームに帰ってきたホークス。
日本シリーズ第3戦は、またしても先発の大隣くんの力投で勝利してしまいました。
1戦1戦、目が離せない試合が続いておりますが、この勢いであと2勝、もぎ取って頂きたいと思います。
多分、贔屓目に観ているかもしれませんが、ホークスの選手の皆さんは、のびのびと試合を楽しんでる感があります。
適度に力が抜けて、リラックスしているかの様です。
でも、中村くんや、松田くんの状態があまり芳しくありません。

日本シリーズは、全て地上波の放送があります。
しかし・・・・
我らがリラックススペース、フローラルは放送電波の過疎地にあたり、全く受信してくれません。
天神のど真ん中、天神一丁目と言う場所にありながら、電波過疎地帯なのです。
放送電波の皆さんが、フローラルには来てくれません。

あの手この手で、必死をこいて、やってはみるものの、うんともすんとも。
KAZUの怪しい手口のネット配信も、一番いいところで、固まってしまいます。
柳田くんのツーベースも、イ~デ~ホ~ッさんのセンター前に落ちた2点タイムリーも、寸前に画面硬直症候群状態により、観られず仕舞。
気が付けば得点している、そんな状況です。
液晶テレビも、パソコンもプロジェクターも、チャンと揃っているのに、結局はスマホの小さな画面で観る羽目に。

さぁ~て、今日の第4戦。
もちろん勝利を信じて、祈るしか無いのですが、如何せん観る環境にありません。
今日は「ノー残業デー!」
18時には会社を出て、応援体制に入るつもりです。

誰か、放送電波を持ってきて下さ~い!!

↓今日の先発は「中田さん」
↓タイガースを「ギャフン!」と言わせて!
*今時「ギャフン」とか言わないか(笑)
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ
ゆ~すけは、今年高校に入ったばかりの16歳
無理やり入れられた自動車部。
特にやりたいことも無く、ただぼうっとしてたら、入部する事に。

「よ~し!みんな!」
「明日から夏休みだし、1日中 部活の出来るゾ!」
最近の自動車部は、一般のお客から車検整備の依頼があり、
「これも、お前たちの経験やけん、ちゃんとやれよ!」

「ゆ~すけ、知っとるか?」「なんば?」
「俺たちがくさ、車検の整備ばしよるやろが」
「この工賃やらの料金がどうなっとる知っとるか?」
「しらんくさ。俺には関係のなかけん」
「そうやろ~。先生たちの趣味に消えよるとゾ!」
「趣味てなんやぁ?」「いろいろくさ」

夏休み初日から、2台の整備が入ってきた。
「1年生は知らん事があろうけん、タイヤば外したり、下回りば
洗うたりして、先輩に終わったら報告ばするごつ!」
「くろ、俺たち毎日こればせないかんとやろか?」
「しょんなかくさ。先輩なんかもしよらしたろうけん」
「俺くさ。雲仙にツーリングに行く約束ばしたけん、いつか休みば
貰おうかて思うとると」

「お~い!そこの二人!」「ちょっとこっち来い!」
「井上先生の呼びよらすばい」
「何ですか?」
「俺の車にガソリンば入れて来てくれ!」
「はっ??」
車の免許はまだ取得出来る歳でもないが、部活で整備完了車を
移動させたり、走行試験をやったりするために、毎日運転は必要に
なっているので、運転技術は特に問題はない状態であった。
「先生、ガソリンって、何処で入れるとですか?」
「ガソリンはガソリンスタンドやろうもん!!」
「学校の外ですよ」
「当たり前たい!学校がガソリンスタンドを経営しとるなんて聞いた事もなかゾ!」
「ばっってん、免許のなかですよ! まだ16ですけん」
「だけんなんや? スタンドの場所は知っとっど?」
「はい。国道沿いの、本村の交差点のところでしょう?」
「このカードで満タンにして来い!」
「はい・・・・・」

「くろ、お前運転しきろうが。俺は横に座っとくけん」
「俺は嫌ばい!」「ゆ~すけがせんね!」
「お前知っとるか!井上先生の車、あれゾ!」

無類のスポーツカー好きの井上先生の愛用車は、みんなが憧れる、「フェアレディ・ゼット432」である。
その他にも、「ホンダS800」も実習工場のピットに入っているのも、井上先生の所有。

「じゃ、俺が運転せんならいかんと!」
「おい!これってノークラばい」 最近普及し始めた、いわゆるオートマティック車だった。
「運転したことなかゾ!」「よかくさ。クラッチば踏まんだけやろ」
そんなこんなで、エンジン始動。心地良い振動が体に響き、いざ出発。
「くろ!!前の見えん!!」
車のノーズ部分が異様に長く、おまけにキャブレター部分がもっこりと盛り上がっているのだ。
「よかくさ!適当に勘で運転しろ!」
「えぇっ・・・!」
「校門までの坂は、かなり急やろ。全然前の見えんやろ!!」
「俺が見てやるけん。ゆっくり行くとよか」

どうにか校門をクリアし、市道へ出たのである。
「おいおい!車のいっぱい通りよるゾ!」
「当たり前くさ!普通の道やもん!」
「お前、薄情やねぇ。少しは心配ばせんか!」
鮮やかな黄色の「フェアレディZ」が颯爽? と走り出したのである。

「今、何キロ出とる!」「35キロ」
「かっこ悪かし、無免許ってすぐばれるゾ!」
「よかくさ!ばってん、派出所の前はチョット緊張するね」
「そこば左に曲がったら、警察はおらんばい!」

「いらっしゃいませ!!」「オーライ!オーライ!」
「すっません!こんカードで満タンお願いします。有鉛ば」

「こら!!おまえターチュンんげの弟のゆ~すけやろ!!」
「あっ!先輩! 先生のガソリンば入れて来い!って言わしたけん」
「お前、何処もぶつけとらんめねぇ?」
「取りあえずは」

さすがに車好きが集まるガソリンスタンドである。
みんなが寄ってきて、いろいろ聞かれるが、何をどう言ったらいいのか
しどろもどろであった。「すんまっしぇ~ん。ひとん車ですけん、なぁ~も知らんとですよ」

やっとの思いで学校に戻り、先生にキーを渡し、「行ってきました!」
「おう!」「洗ろうとって!」
「はぁ?」
「くろ!!頼んだばい」「俺の仕事は終わり!」

↓学生生活は、楽しい!!
↓「ぽちっと!」して早弁 早弁!
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ
「もう、あと少々で着きますヨ!!」

私たちのグループのお客様は、一様に顔色が悪く、生きた人には見えないくらい憔悴しきっています。
それに、只ならぬ匂い。
「まずかったかなぁ・・・・、あそこで弁当を出したのは・・・」
弁当を食べてお腹が満たされおりましたが、今となっては、全て食べていない前の状態以上になってしまい、心の中で「ごめんなさい」とつぶやくだけです。

フェリーの運転手さんの見事なハンドル?さばきで、やっと到着です。
予定より約10分の遅れだけで済んだのは、不幸中の幸いと言いたいところです。
殆どのお客様は、まっすぐ歩くことさえ出来ない状況。
そんなお客様をバスに誘導しつつ、ホテルへ電話連絡。
「今、港に着きましたので、直ぐに到着すると思います」
「申し訳ありません。一応食事の用意だけはお願いします」
いつでも、食べることばかり気にしているみたいですが、これをしておかないと、後々問題になる事もしばしば。

やっとの思いで、宿に到着。
皆さんに部屋のカギを渡しながら・・・・、
「今からお部屋に入られて、もしお腹が空いている様でしたら、お食事の準備はしておりますので!」と。
とりあえず元気な私は、フロントに荷物を預けて、ロビーで待機します。
その時間を利用して、係りの人との打合せ。
「すみませんが、多分、お客様は殆どご飯が喉を通らない状況です。」
「用意して頂くご飯は、少な目にして頂いてもいいでしょうか?」
「それは問題有りませんが、手踊りは如何致しますか?」
「それは、是非お願いします!」

到着から約30分くらい経った頃に、ちらほら食事会場に。
とりあえず浴衣は着ているものの、やっぱり覇気がありません。
ほぼ全員の方が姿を現したので、とりあえず一安心。
「みなさん、大変お疲れ様でした!」
「まだ身体が揺れている状況だと思いますが、暫くの間ゆっくりお過ごし下さい」

暫く経って、手踊りも終わり、食事状況を見ていたら、ほとんどの方は料理に手を付けてはいない様です。
「これは、マズイ!」
「仲居さ~ん!チョットいいですか?」
「すみませんが、もうご飯は引いて頂いていいですか?」
「宜しいんですか?」
「その代り、そのごはんで、おにぎりを作れるだけ作って貰っていいですか?」
「いいですけど・・・、お新香とかはどうしますか?」
「それもつけて下さい」
「塩おにぎりで結構ですから」

三々五々、お客様はお部屋の方に戻って行き始めました。
宴会場にある内線電話を取って、フロントのマネージャーさんに、またまたお願いを。
「すみませんが、館内にあるラーメンコーナーと、そばのコーナーを、チョット遅くまで営業して頂く訳にはいきませんか?」
という事で、通常は22時30分までの営業時間を、1時間ほど延長してもらう事に。

そして、私は、またまたロビーで待機。
そこへマネージャーさんが・・・・。
「おにぎりは明日の朝の分ですか?」
「いいえ!今夜の分です。夜食ですヨ!」
私の予想では、皆さん、落ち着いたら多分お腹が空くハズなんです。
何といっても、胃の中は空っぽ状態ですから。
そこに、小舟の釣りのお客様が。
「添乗員さん、館内に食べるところは有りますか?まだ営業してますか?」
ほら、来たっ!!

近くに居た仲居さんに、
「すみません!おにぎりをそば屋とラーメン屋に持って行ってもらってイイデスカ??」
そば屋さんとラーメン屋さんには、事情を説明して、許可を取っていました。

時間を追うごとに、その2つのコーナーには、私のお客様で満員状態。
何故か元気な私は、宴会場で、誰もいなくなった畳に座って、ご飯を2杯もお代わりをして、しっかり刺身などの食事も平らげておりました。しっかりと。

「みなさ~ん!おにぎりは無料で~スッ!」
「「お風呂は24時間入れま~す」

「明日の出発は8時で~す!ゆっくりお休み下さ~い」

↓佐渡は~良いとこ、一度はおいで!
↓「ぽちっと!」して快食快便!
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ