親としては・・・・

 10, 2017 11:17
今年も、荒れました!!
成人式

毎年の風物詩になりつつある、あの光景。
「なめんなヨ!!!」
ずいぶん懐かしいせりふです。
今でもこういうせりふを言われる方がいらっしゃるんですね。
でも、どうして、あんなに金ピカの衣装なんでしょうか?
どこぞの、PPAPみたいな、キンキラ金の羽織袴。

その一方
震災などの被害にあった地域での成人式では、全く荒れる事はありません。
何故なんでしょうか?
「今度は、自分たちが支えになる!」
周りの人々や、地域の支えを、しっかりと受け止めて、チャンと感謝する気持ちが、大人として自覚しているのがあるのでしょう。
こういうのが、ニッポンの本来の姿だったのではないでしょうか?

「成人式の式典は不要では?」
こういう意見も、最近は沢山あります。
でも、世界各国でも、大人になった時の慣わしは、何処にでもあります。
その方法を考える時が来たのでしょう。
私は、成人式には出席出来ませんでしたが、チャンと続けて欲しい派です。
親の側から見れば・・・・、
生まれてから、笑って泣いて、幼稚園・保育園に送り迎えをしながら。
小学校に入って、少しだけ大人びた中学生に。
高校生になれば、チャンと反抗期があって、大学に。
その、育っていく過程を、一番近いところで見ながら、その都度心配しながら、大人に。
将来の事も、親として心配していた矢先に。

女の子で有れば、式で着る服装に、あぁでもない、こうでもない。
一生に一度の成人式の晴れ舞台。
少しでも、綺麗で可愛らしくしてあげたい!
1年も2年も前から、衣装を選び、ヘアメイクは何処で。
当日は、明けやらぬ午前4時・5時から準備。
そんな母親の気持ちと気合が詰まった、娘という、大事な存在。
確かに、市長さんなんかのチョッと長いお話は退屈ですが、それは大人の入学式みたいなもん。
その子供からの卒業式、大人への入学式の式典が15分で打ち切り。
ほんとに、迷惑な話です。親の側からしても。
個人の主張も大事ですが、他の人に迷惑を掛けない事が大事。

そうやって大事に育てたわが子が成人に。
そのうちに孫を抱いて。
みんなが幸せになる権利があります。
辛い時に助け合いながら。
そういう普通の世界になって欲しいなぁ、っと思う今日この頃です。

人に迷惑を掛ける武勇伝は要らないのデス!!

明日は鏡開き
やっぱりぜんざいにたくあんでしょう!
にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT 1

釣り師やま  2017, 02. 03 [Fri] 15:53

読者は

やきもきしているかと思いますが?いかがお過ごしでしょうか(^-^)v新しい仕事に向けて鋭気を養いながら飲んだくれておられますか(笑)たまには更新宜しくです。

Edit | Reply |