たまには、疑問?イチャモン!

 03, 2017 15:10
先にも書きましたが、毎週の如く沖縄に行っておりますが、そこでチョッとした疑問が・・・。
当然の様に、移動には飛行機を利用します。
最近は、LCCといった航空会社も参入して、様々な会社の飛行機をみる事が出来ます。
その、色んな航空会社に乗っても、必ずや有るであろう、機内での説明。
スチュアーデスさん(あえて)が、機内の前と、中間部分でやる、あの儀式みたいなものです。
シートベルトを着脱方法。
酸素マスクの使用方法。
救命胴衣を使用法。

皆さんご存知だと思いますが・・・・、
最近、あのデモンストレーションににチョッとしたイチャモンが。
やっている御姉さま方が、超やる気がない!様に見えます。
何だか惰性でやってる様な。
確かに、毎回毎回やらされるのですから、仕方の無い事かも知れません。

機内のアナウンスで、「離陸に際しまして、窓の日よけをお上げ下さい」
これって、その理由ってご存知ですか?皆さん。
なぜ、日よけを全開にしなければいけないんでしょうか??
誰かが、知らずに閉めていたら、飛行機は飛ばないの??
それだけで?
「夜間の飛行に際しまして、窓の日よけを、お上げ下さい」
だったら、日よけ、付けなければいいのに。

「電波を発する電子機器は、電波を発しない機内モードに設定下さい」
飛行に支障が出るらしい。
これって、スマホなどが何台くらいで、飛行に支障が出るんでしょうか?
私は、良く、これをし忘れます。
だったら、機内やキャビン内では、電波を遮断して、全く使えないようにしたらいいのに。

最近、福岡空港では、滑走路やエプロンの拡張工事が盛んに行われております。
昔の第1ターミナルは、ほぼ解体されております。
その結果、飛行機がとんでもない所に停められております。
ターミナルと飛行機の間は、バスでの移動。
これは分かります。
でも、そのバスの運行に疑問が。
工事箇所や、飛行機などの間を、縫うように、左に曲がったり、右に曲がったり。
飛行機を降りて、ターミナルまで到着するまで、10分は掛かります。
これって、真っ直ぐ走る走路は、確保できないもんでしょうか?
さらに、色んな工事関係車両や、空港関係の車両などが頻繁に動いております。
それはそれで大事な事。
でも、福岡空港の場合、工事関係車両や空港関係車両が、優先みたいなんです。
我々を乗せた西鉄バスは、その働くクルマたちが通ると、一旦停止。
これが何回止まんの?って言うくらい止まっては動き、動いては止まり。
右に左に、止まっては動き、動いては止まり。
これでは、なかなか到着ターミナルには着きそうにありません。
空港を運営しながらの工事ですから、仕方がないのも分かります。

でも、那覇の空港も、現在工事中です。
観ていると、何だかバスのほうが優先?ってくらい、働くクルマは止まってくれるのです。
いわゆる、お客様優先みたいな。
これは気持ちがいいもんです。
別にクレームを言うつもりはありませんが、これって何か決まりは有るんでしょうか?

ついでに・・・
機内の説明は、何回聞いても、この飛行機は落ちるかも知れません!!
って思わせるくらい、非常時のことを延々と説明されます。
先ほどの件や、非常時には、非常口付近のお客様の協力要請。
緊急時の、姿勢など、いつ落ちてもいい!!くらいの説明だらけ。
「本日は、気流の悪いところを飛行することがあります」
じゃ、そこを避けて飛べないの?
「激しく揺れましても、飛行に支障はありませんので、ご安心下さい」
本当ですか??
どうして、そう言い切れるの??
でも、一番怖いのは、アナウンスしているあなたではありませんか?
今までにも、悪天候で、墜落した航空機は、イッパイありますヨ!
落雷や、悪天候で墜落する映画も沢山あるし。
何を以って「飛行に支障は有りません!!」って言い切れるのかが分かりません。

更に更に
「本日は、利用します飛行機までは、バスでの移動となります」
「利用のお客様は、お早めに、保安検査を通過ののち、バス出発待合室へ起こし下さい」
なんて言われて、そうなんだ!っと思い、早めに待合室に行けば、そこには何も無い、無機質な空間があるだけ。
売店などは一切ありません。
どうやって時間を潰せと言うんですか!!!
自動販売機と、飛んでゆく飛行機の、キィ~ンという金属音が聞こえるだけの、白々しい密室。
なんだか、「お客様ファースト」の観点からは外れている様な、この瞬間。

今日は「ハナキン!」
会社帰りに、サラリーマンやOLさん達がフィーバー!!
そんな時代、私にも有ったような・・・・。
にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT 0